日本で不動産契約を補完するもの

日本で不動産契約を補完するもの

日本で不動産契約を補完するもの 不動産は預貯金と並ぶ代表的な財産です。
だからこそ、物件選びと契約事項は十分吟味して決める必要があります。
日本において売買時に取り交わす書類として「契約書」があります。
契約書は契約の締結を証するだけでなく、その内容を明確にする役割を担っています。
額面の大きい取引のほとんどのケースで契約書を作成します。
不動産取引においても同じことが言えます。
売買の対象となる場所や売買金額、付帯条件、日時に至るまで詳細に記載されている者がほとんどです。
契約書自体が契約締結の証となり、双方の意思表示が明確となります。
しかしながら不動産取引にはもう一つ大切な書類があります。
それは「重要事項説明書」と呼ばれるものです。
不動産取引においては、その物件が持つ特徴や情報、懸念点など重要な事項を説明する必要があり、取引業者にも説明義務があります。
契約書では説明できない細かく繊細な内容を補完する重要事項証明書は契約書と同等もしくはそれ以上に大切な書類です。
取引においては正確な情報提供と正しい理解が不可欠です。
二つの書類が相まって一つの取引を成立させます。
売り手と買い手双方の納得を生み出すために、これらの書類は欠かせない存在なのです。

日本ならではの不動産の確認事項

日本ならではの不動産の確認事項 不動産を購入することが決まった場合、購入する物件と売買契約についての詳しい説明が行われます。
この説明のことを、重要事項説明と呼びます。
不動産購入における確認事項として、重要事項説明はとても大切です。
重要事項説明では、重要事項説明書が渡されます。
そして、宅地建物取引主任者によって書類の内容について説明が行われます。
説明の時に理解できないことがあった場合は、遠慮なく質問することが大事です。
重要事項説明書は、しっかりとチェックしておかないと、後でトラブルになることも多いです。
マンションであれば、管理費や、修繕積立金の確認も大事です。
契約違反による解除についても、しっかりとチェックする必要があります。
売主が期日までに建物を引き渡さない場合は、契約を解除して、違約金を請求できるケースが多いです。
違約金の金額も、規定されています。
新築のマンションの場合は、契約を解除した時のオプションの扱いについてもチェックが必要です。
利用する予定のローンについて、金融機関や返済内容についても詳しく明示されているか確認することも大事です。
予定していた住宅ローンを借りることができなくなった場合、ペナルティなしで契約を解除できるという特約がローン特約です。
もし特約の記述がない場合は、どうして特約が付けられていないのか聞いた方がいいです。

不動産を購入するときに一番大事な近隣調査

不動産を購入するにあたって一番大事なのはやはり近隣調査になります。買ってからこんなところだったんだということがないようにすることが大事です。
見に行ってもいつものままの生活場を崩さない正直でわかりやすい場所であれば避けるか買うか決めやすいのですが、多くの場合購入する前近隣は騒ぎ声もさせず静かにしています。引っ越してから騒ぎ出したり、音が大きくなったりという場合が多いです。
そのようにならないためには、朝から夜までいろいろな時間、いろいろな曜日を事前に調査しておく必要があります。
また不動産を買う時には、今の近隣状態が状態がキープされるのかどうかも重要です。買う前は静かな空き地だったのに、買って一か月もしない間に大きな駐車場ができたり、いきなり近くの家が取り壊されてマンションが建ってしまったりということがあるため、事前に購入したい場所の情報をいろいろな角度から詳しく調べ、満足いく不動産購入をすることが望ましいと言えます。

マンションの多くは土地と建物を一つの不動産のように扱う

不動産と呼ばれるものは簡単に言うと土地と建物なので、当然マンションも含まれています。一戸建てなら土地と建物に分けて考えることが出来ますが、マンションのような集合住宅に関しては、どう考えればいいのか分からない人もいます。
一戸建てと同様に土地と建物に分けることが出来ますが、所有するということになると、少し違いが出てきます。一戸建てなら、土地も建物も完全に自分の所有物になりますが、集合住宅ではそうはなりません。土地は各部屋の所有者がその床面積に応じて持分を持っているという状態です。
これに各部屋を一つの不動産として、併せて所有することになります。建物内にも共有部分は存在しているので、その部分も共有関係になります。
但し、多くの集合住宅では、土地と建物を切り離して処分出来ないように、一つの不動産のような扱いをするようになっています。
建物に土地の権利が付着しているような状態を作りだして取引をしやすくしています。

不動産運用としてコインパーキングを運営するメリット

自分が所有している不動産を有効的に活用する方法には、様々な種類がありそれぞれ特徴などに違いがあります。実際に不動産で土地を所有している場合、メリットが多い活用方法の1つになるのがコインパーキングです。
広い土地であれば駐車場として活用することで、様々なメリットを得る事が出来るのが特徴といえます。実際にコインパーキングとしての運用方法を選ぶ上で、初期投資を安く抑えてスタートさせる事が可能です。
またフラットな広い土地というだけでなく、狭い土地や形状に特徴のある土地であっても運用する事ができるのも大きな魅力となります。
始めたいと思った際に直ぐに始めることができ、逆に辞めたい時なども直ぐに止める事できるフットワークのかるい不動産運用方法の1つです。実際に経営などの知識がないという場合であっても、さほど難しくなく始める事ができるのも特徴となります。
ただ所有しているだけではもったいないので、直ぐに始められる手軽さが強みとも言えます。

遊休不動産の概要と空き家との違いについて

遊休不動産とは、現在使用していないか収益性を発揮していない土地や建物のことを指します。店舗・倉庫・工場・ビルなど、企業活動にほとんど使用されていない住居以外の不動産が該当します。
似たような言葉で空き家がありますが、こちらは住居用に建てられた住宅で意味が異なります。問題点として挙げられるのが収益性です。
活用されていないとはいえ、不動産ですので所有していれば固定資産税や都市計画税の課税対象となります。しかも農地である場合は耕作放棄地と判断され、固定資産税が1.8倍になることもあります。
他にも、「景観が悪化する」「空き店舗が増えて地域の活気がなくなる」「犯罪の温床となることがある」といったデメリットも大きな問題です。
こうした遊休不動産の解決策としては、売却と土地活用が考えられます。ただし売却は、リノベーションをしてからでないと買い手がつかないケースが多くなっています。
土地活用に関しては、駐車場・太陽光発電地・コインランドリー・トランクルームなど様々な活用方法があります。
もちろん活用には、周辺環境における需要など事前のリサーチが必要であることは言うまでもありません。

不動産投資やふるさと納税や医療費控除で節税対策

センスや集中力や体力や素早い判断や企画力や提案力を問われる仕事をしているので加齢で能力や才能が枯渇していくことに対して恐怖を感じる、病気や怪我で長期入院が必要になり働けなくなってしまったらどうしようという不安が常につきまとう、年金制度には期待できず老後資金を自分で蓄えなければならないと思うと気が遠くなるなど、漠然としたお金の不安があり人生100年時代を強く生きる自信が持てない方は多いのではないでしょうか。
そんな方におすすめなのが不動産投資です。不動産投資は節税対策にもつながる資産運用方法で、不動産取得税や減価償却費や火災保険料や修繕費や地震保険料などの項目において確定申告をすれば、大幅な減税に結び付きます。
ふるさと納税や医療控除やNISAやiDeCoや個人年金や生命保険や扶養控除などの節税対策にも目を向けながら、損しない人生を歩みましょう。早い段階で準備をしておけばお金の不安も和らぎ、前向きに生きていけるはずです。

おすすめ不動産関連リンク

古民家・リゾート・住宅・土地など様々なライフスタイルを提案してくれるサイト

千葉 不動産

新着情報

◎2022/11/1

情報を更新しました。
>不動産を購入するときに一番大事な近隣調査
>マンションの多くは土地と建物を一つの不動産のように扱う
>不動産運用としてコインパーキングを運営するメリット
>遊休不動産の概要と空き家との違いについて
>不動産投資やふるさと納税や医療費控除で節税対策

◎2017/12/20

物件を退去する流れ
の情報を更新しました。

◎2017/10/18

不動産と税金について
の情報を更新しました。

◎2017/8/30

大切な「利回り」の確保
の情報を更新しました。

◎2017/6/21

不動産仲介業者の仕事
の情報を更新しました。

◎2017/4/26

古民家不動産の魅力
の情報を更新しました。

◎2017/2/7

売却するための豆知識
の情報を更新しました。

「不動産 確認」
に関連するツイート
Twitter

普段は絶対に確認しない相場の坪単価が○百万円超の場所で、半額程度のクセ強の土地を発見!収支シミュレーションしてみたところなんとうまく収まりそうなため、前向きに検討中。まずは不動産会社にアタック。

引っ越したら10日間ネット開通出来ないとか・・・ 不動産屋の確認遅かったから遅れたし。

いきなり全保連?から電話きて家賃滞納してるらしく、不動産屋に確認さたら口座番号とか個人情報の紙なくした言われたけどヤバすぎ、、、

えーっと… 立ち会いの業者が来ないww大家さんと2人で呆然としてる… 電話で不動産屋に確認して貰ってるけど… 14時に変更になったって事は、忘れてる訳では無いよなぁ… なんか無駄な時間だ…

石川県金沢市にある「のうか不動産」のキャッチコピーが話題になっているので確認したが、宣伝会議賞を取った「精子だった頃の運をもう一度」っぽいなぁと感じたくらいかな。話題に上がった時点で一つの成果は出してるんで、目論見は当たったとは思う。